外宮まで車で12分!


交通便利
伊勢インターから
車で12分!
 


伊勢に泊まるなら
ホテルより旅館より
シャンブルスポット
伊勢


     

 
 
CSIはこんなお店と提携しています。
お泊りの際はご利用ください。

・食の楽団パブロ
・伊勢カフェ
・イタリアンバル フラテッロ
・ボンダイ屋


自由な旅がここにある!


↑ゴーリキマリンビレッジ提携ホテル
徒歩15分(1.2km)

新業態 マンションホテル
新しい宿泊施設です!



ルームチャージ(MAX8名様)
好評につき追加しました
A・6名様  28,000円(税別)
B・6名様  22,000円(税別)
*追加料金1名様 3,700円(税別)
    
新業態マンションホテル
新しい宿泊施設です。お部屋は2タイプ。
マネージャー直通携帯 
090-4165-9900(中村)
24時間対応
csi@inv.co.jp



*フリーチェックアウト採用♪ 
 
・チェックアウトAM11:00までに
ドアポストに鍵を入れるだけ!
・お手軽なチェックアウトです

・チェックインは時間を合わせて
伝票と引替えに鍵をお渡しします
   

 
     *ビジネス用途の長期滞在歓迎!(価格応談)
    
 Aコース連泊のみ20%off
ルームチャージとは併用出来ません


1名/人  5,800円(税別)
2名様 /人          2名様/人
設備充実なお部屋です 要電話!人気のお部屋
 
お食事付プランも選べます
 







カヌーの季節です


ビジネスユース対応!伊勢での拠点に最適!


レンタカーご利用の方はコチラ

   

内宮まで車で15分!


csi@inv.co.jp

・お食事なしの
素泊まり 
・現金のみ
お取扱い
・外国人の
受け入れは
ありません
・お布団完備



新しい宿泊施設です
時間貸しレンタルハウス
はじめました

↑65歳以上の方優遇↑


CSI広告大作戦

3DK独り占めだから
ファミリーや仲良しグルー
プを丸ごと(8名様まで)
受け入れできます。
もちろん少人数もOK。



完全予約制
アロママッサージ


施術はフットとハンド
のみとなります。

 
 

 


HOME»  伊勢神宮について




伊勢神宮について


伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう)である。

二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与されたことのない神社の一社。古代においては宇佐神宮中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。明治時代から戦前までの近代社格制度においては社格の対象外とされた
 

概要

伊勢神宮には、太陽神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。

広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称する。この場合、所在地は三重県内の4市2郡に分布する(後述)。

伊勢神宮は皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、皇室・朝廷の権威との結びつきが強い。

 

祭神

主祭神は以下の2柱。

主祭神以外については、各宮の項目を参照。

 

歴史

創祀

天孫・邇邇芸命が降臨した際、天照大御神は三種の神器を授け、その一つ八咫鏡に「吾が児、此の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。(『日本書紀』)」として天照大御神自身の神霊を込めたとされる。この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇の側に置かれ、天皇自らが観察していた。八咫鏡は第10代崇神天皇の治世に大和笠縫邑に移され、皇女豊鍬入姫がこれを祀ることとされた。

日本書紀垂仁天皇25年3月の条に、「倭姫命、菟田(うだ)の篠幡(ささはた)に祀り、更に還りて近江国に入りて、東の美濃を廻りて、伊勢国に至る。」とあり、皇女倭姫命が天照大御神の神魂(すなわち八咫鏡)を鎮座させる地を求め旅をしたと記されているのが、内宮起源説話である。この話は崇神天皇6年の条から続き、『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に伊勢大神の宮を祀ったとのみ記されている。移動中に一時的に鎮座された場所は元伊勢と呼ばれている。

なお、外宮は平安初期の『止由気神宮儀式帳』(とゆけじんぐうぎしきちょう)によれば、雄略天皇22年7月に丹波国(後に丹後国として分割)の比沼真奈井原(まないはら)から、伊勢山田原へ遷座したことが起源と伝える。

 

概史

古代

皇室氏神として、天皇以外の奉幣は禁止された(私幣禁断)。天武天皇の時代に斎宮が制度化され、『扶桑略記』によれば天武天皇の皇女である大伯皇女が初代とされる。

中世

朝廷への、そして皇室とその氏神への崇拝から、日本全体の鎮守として全国の武士から崇敬された。神仏習合の教説において神道側の最高神とされる。また、外宮側の度会家行より伊勢神道度会神道)が唱えられた。戦乱により神宮領が侵略され、経済的基盤を失ったため、式年遷宮(後述)が行えない時代もあった。資金獲得のため、神宮の信者を増やし、各地の講を組織させる御師が台頭した。

近世

お蔭参り(お伊勢参り)が流行した。庶民には親しみを込めて「お伊勢さん」と呼ばれ、弥次さん、喜多さんの『東海道中膝栗毛』で語られるように、多くの民衆が全国から参拝した。

近代

明治天皇が在位中の天皇としては初めて参拝した。この長期の空白の理由については諸説がとなえられているが、決定的なものはない。大日本帝国政府により全国神社の頂点の神社として位置付けられたが、第二次世界大戦以後は、宗教法人神社本庁発足により、全国神社の本宗とされた。内宮前に「神宮司庁」があり、神職約100人、一般職約500人が奉職している。

佐藤栄作首相が昭和42年(1967年)に参拝して以来、現職内閣総理大臣農林水産大臣が、(正月三が日の混雑を防ぐため)主に1月4日仕事始めに参拝するのが慣例である。

 

式年遷宮

昭和4年(1929)の第58回式年遷宮記念切手

神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。原則として20年ごとに、内外両宮の正宮の正殿を始めとする別宮以下の諸神社の正殿を造替して神座を遷し、宝殿、外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎といった全社殿を造替する他、装束・神宝、宇治橋等も造り替える。

記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇4年(690年)に第1回が行われた。その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、平成5年(1993年)の第61回式年遷宮まで、およそ1300年間行われている。平成17年から第62回式年遷宮の各行事が進行中で、同25年(2013年)には正遷宮(神体の渡御)が行われた。

年表

遷宮に関しては「神宮式年遷宮」を参照。西暦の年月日はユリウス暦によるが、「1871年7月1日」はグレゴリオ暦。年と月の西暦との対応はおおよその目安である。

  • 天武天皇14年(685年)、式年遷宮の制を制定。
  • 持統天皇4年(690年)、第1回内宮式年遷宮。
  • 持統天皇6年(692年)、第1回外宮式年遷宮。
  • 和銅2年(709年)、第2回内宮式年遷宮。
  • 和銅4年(711年)、第2回外宮式年遷宮。
  • 和銅5年(712年)1月28日、『古事記』完成。
  • 養老4年(720年)、『日本書紀』完成。
  • 延長5年(928年)12月26日、『延喜式』完成。
  • 康保4年(967年)7月9日、延喜式施行。
  • 寛正3年(1463年)12月27日、第40回内宮式年遷宮。こののち戦国時代で式年遷宮が中断。
  • 永禄6年(1563年)9月23日、第40回外宮式年遷宮。
  • 慶安3年(1650年)1月、慶安のお蔭参り
  • 宝永2年(1705年)、宝永のお陰参り。
  • 明和8年(1771年)4月、明和のお陰参り。
  • 文政13年(1830年)、文政のお陰参り。
  • 慶応3年(1867年)、ええじゃないか
  • 明治4年(1871年)5月14日、近代社格制度制定。
  • 昭和20年(1945年)12月15日、神道指令
  • 昭和24年(1949年)、第59回式年遷宮延期。
  • 昭和28年(1953年)10月、第59回式年遷宮。
  • 昭和28年12月、崇敬団体の伊勢神宮奉賛会設立。
  • 昭和34年(1959年)9月26日、伊勢湾台風により内宮・外宮とも倒木などの被害。
  • 昭和40年(1965年)9月、伊勢神宮奉賛会が伊勢神宮崇敬会へ改称。