外宮まで車で12分!


交通便利
伊勢インターから
車で12分!
 


伊勢に泊まるなら
ホテルより旅館より
シャンブルスポット
伊勢


     

 
 
CSIはこんなお店と提携しています。
お泊りの際はご利用ください。

・食の楽団パブロ
・伊勢カフェ
・イタリアンバル フラテッロ
・ボンダイ屋


自由な旅がここにある!


↑ゴーリキマリンビレッジ提携ホテル
徒歩15分(1.2km)

新業態 マンションホテル
新しい宿泊施設です!



ルームチャージ(MAX8名様)
好評につき追加しました
A・6名様  28,000円(税別)
B・6名様  22,000円(税別)
*追加料金1名様 3,700円(税別)
    
新業態マンションホテル
新しい宿泊施設です。お部屋は2タイプ。
マネージャー直通携帯 
090-4165-9900(中村)
24時間対応
csi@inv.co.jp



*フリーチェックアウト採用♪ 
 
・チェックアウトAM11:00までに
ドアポストに鍵を入れるだけ!
・お手軽なチェックアウトです

・チェックインは時間を合わせて
伝票と引替えに鍵をお渡しします
   

 
     *ビジネス用途の長期滞在歓迎!(価格応談)
    
 Aコース連泊のみ20%off
ルームチャージとは併用出来ません


1名/人  5,800円(税別)
2名様 /人          2名様/人
設備充実なお部屋です 要電話!人気のお部屋
 
お食事付プランも選べます
 







カヌーの季節です


ビジネスユース対応!伊勢での拠点に最適!


レンタカーご利用の方はコチラ

   

内宮まで車で15分!


csi@inv.co.jp

・お食事なしの
素泊まり 
・現金のみ
お取扱い
・外国人の
受け入れは
ありません
・お布団完備



新しい宿泊施設です
時間貸しレンタルハウス
はじめました

↑65歳以上の方優遇↑


CSI広告大作戦

3DK独り占めだから
ファミリーや仲良しグルー
プを丸ごと(8名様まで)
受け入れできます。
もちろん少人数もOK。



完全予約制
アロママッサージ


施術はフットとハンド
のみとなります。

 
 

 


HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2015 謹賀新年

2015年 謹賀新年

私達シャンブルスポット伊勢は、
伊勢を訪れる皆様に
破格でスィートルーム並の広さと
通常の宿泊施設にはないプライバシー、快適さを提供します。

1 私達は【地域活性化】を追求します
2 私達は【高品質】を追求します
3 私達は【適正価格】を追求します

昨年のご愛顧を心より感謝申し上げます。
新しい年を迎え、心新たに精進に励む所存です。
本年も益々のご利用をお待ちしております。
どうぞ宜しくお願いします。

シャンブルスポット伊勢
   スタッフ一同

2015-01-04 16:51:51

コメント(0)

穏やかな秋日和

穏やかな秋日和となりました。
伊勢まつりは台風の影響で12日だけの開催(13日は中止)となり残念でしたが、無事終わりました。
台風の風と雨は、やはり厳しかったですが、予報による準備もあり無事やり過ごすことが出来ました。
このたびの台風被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

10月14日15日16日は予定通りに 祭りの祭り前夜祭、神嘗奉祝祭、祭りの祭り、初穂曳(外宮領 内宮領)はそれぞれ大盛り上がりとなりました。全国からお米を携えていらした皆さん、お疲れ様でした。受け入れの準備などのスタッフの皆さんもお疲れ様でした。
賑やかなお祭りの中で自然の恵みへの感謝を更に深く感じ入りました。

秋が深まり、穏やかな時、伊勢にお越し下さった皆さんに是非、オススメしたい所があります。

伊勢神宮外宮にある「せんぐう館」です。外宮参道から外宮さんに入って火除け橋を渡った左側にあります。
「ご遷宮」についての実物資料がまとめられ、特に実物大のご正殿はその大きさに圧倒させられます。
四季のいつでも良いところですが、特に秋は、「せんぐう館」横の勾玉池(まがたまいけ)に集う野鳥(マガモ等)を見ることが出来ます。
神宮の森の木々も色付き、秋の美しい景色は、いちおしです。

伊勢神宮内宮からは、神宮徴古館(じんぐうちょうこかん)、神宮美術館もオススメです。
今年10月中は、耐震工事の為、入れないのでご注意下さい。中に入れなくても、その周囲の空間は十分に秋を満喫できることを申し添えます。

2014-10-18 17:56:58

コメント(0)

伊勢神宮宇治橋の鳥居が新しくなりました

10月3日(金曜日)に伊勢神宮内宮の宇治橋の鳥居が竣工されました。
木の香も清々しく、美しい木の肌の立派な鳥居です。

昨年のご遷宮の後、しばらくの間、新しいご正殿と古いご正殿が並んで建っておりました。
(旧と新のご正殿が並んでいるのを見ることが出来るのは、何ヶ月かの短い間で、なかなか見られない貴重な体験です。
 次に旧と新のご正殿が並んでいるのを見られるのは、何と20年後です!?)

真新しい鳥居ですが、実は、宇治橋の手前の鳥居は、内宮さんの旧ご正殿の棟持柱(むなもちばしら)を再生利用したものだそうです。
そして、宇治橋のもう一方の鳥居は、外宮さんの旧ご正殿の棟持柱だったものだそうです。

私達の町は、内宮さんにも外宮さんにも、棟持柱をお木曳きで曳き入れさせて頂いていることが町民の誇りとなっています。
お木曳きは、揃いの法被を着て、「エンヤ、エンヤ」と掛け声も威勢が良い、遷宮行事の中でも最もにぎやかなお祭りです。
27年前のお木曳きで納めたものが、棟持柱の役目を終え、今度は新しい鳥居に生まれ変わりました。

何だかとても有り難く、何度でも鳥居を見て、手を合わせくぐりたいと思っています。



2014-10-05 16:18:02

コメント(0)

秋が深まって来ました

9月もあとわずかとなりました。

やっと秋らしい、爽やかな風が吹いてきました。

今日は、お茶の稽古の日。

なんと、椿のつぼみが今朝になって、ほころんで咲きかけてくれました。

ふっくらとした、ピンクの西王母です。それも二輪も!!

何よりのおもてなしです。

白い水引草、ほととぎす、藤袴も合わせて、

母(私の師匠)の竹一重、唐金鶴首、萩焼 の三杯に収まりました。

お軸は、「水掬う 月 手に在り」 太玄さんの筆で 伸び伸びと書かれています。

あの遠い空に浮かぶお月様。きっと手にすることが出来ないお月様が、水を掬った私の手の中にある!!

と気づいた瞬間を切り取った素敵な言葉で、(自己流の解釈だけど)大好きな句です。

伊勢神宮では、9月8日に観月祭が行われました。大きな大きなお月様が出た晩でした。

また、10月には最も大きい行事である神嘗祭(かんなめさい)が行われます。

豊かな実りへの感謝のお祭りです。

写真は明日いれますので、ご了承下さい。







2014-09-27 17:57:57

コメント(0)

深まり行く秋に伊勢で見たいモノ

10月には、伊勢神宮で最も大切なお祭り、新嘗祭(その年の新穀を初めて神様に召し上がっていただくお祭り)があります。
新嘗祭そのものは、一般の人が見たり参加したりするものではないため、
伊勢市では、おおまつりウィークとして

*伊勢まつり…いせまつり…10月11日(土)12日(日)…パレードやイベント会場でのパフォーマンス、地場産品の展示販売多数あり。
          会場:県道鳥羽松阪線
*新嘗奉祝祭…にいなめほうしゅくさい…10月14日(火)15日(水)…祭のまつりと題し、日本3大民謡、3大盆踊り、3大パレードをはじ                            め、全国の有名なお祭りが伊勢に集結します。          
           会場:前夜祭は三重県営サンアリーナ、当日は外宮参道、外宮敷地内、伊勢市観光文化会館
*初穂曳き…はつほびき…10月15日(水)16日(木)…お米の実りに感謝を込め稲穂を陸路はお木曳き車、水路はお木曳き船に載せ奉                                   納します。                                                      会場:15日は陸路で外宮まで曳く、陸曳き(おかびき)16日は五十鈴川から内宮へ船を曳きいれる川曳き(かわびき)
が催されます。

詳しくは、伊勢市のHPでご覧下さい。

2014-09-25 14:07:39

コメント(0)

9月15日は会式(えしき)の日

9月15日(月・祝)は、伊勢市大湊町にある日保見山八幡宮の会式(えしき)、つまりお祭りです。
この2年は雨天の為中止でしたが、久しぶりに行事として行われました。

前日の14日は、朝6時に花火の合図が、お祭りの幕開けでした。
秋の空は、高く、青く、晴天です。

9時からは、「子ども神輿(みこし)」「小学生神輿」「青年神輿」「小学生鼓笛」が、お祓いを受けました。
日保見山八幡宮には、立派な松の木「弥栄(いやさか)の松」があり、その姿の美しさで有名です。
鼓笛や神輿のメンバーは、その弥栄の松の下で整列し、順に出発しました。
子ども神輿を担ぐ大湊保育園の園児達は、揃いの法被(はっぴ)で「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声も賑やかに進んでいきました。

    

    

      

半世紀前、私が子どもの頃は、会式というと、新しい下駄や靴、服を買ってもらえるので嬉しくて待ち遠しかったことが思い出されます。
その当時は、呉服行商のトメさんがみつくろって持ってきた服の中から母が選んで買ってくれました。
お祭りが近くなると、父母の仲人だった楠田のおばさんが、町内の下駄屋さんで下駄を買って持ってきてくれました。
新しい下駄は、会式とお正月と決まっていたようでした。
靴になってからは、サイズのことがあったからでしょうか、母が買ってくれていました。やっぱり、町内の下駄屋さんで。
お寿司にさわ餅、果物のなしや葡萄…とご馳走が一杯でした。
昭和の中頃の話です。

2014-09-17 17:46:05

コメント(0)

明日は十五夜、伊勢神宮外宮で観月会

伊勢では、昨日の夕方、2時間ほど局地的な大雨と雷でした。
大荒れのお天気でしたが、今日は曇りのち晴れとなり、暑さも戻ってきました。
さて、明日の観月会は、どうでしょう?
このままだと、きれいな満月に照らされて観月会が行われます。
月明かりの下、舞楽と雅楽が奉納されるのを見れば、もうそれは、雅で幽玄の世界そのものです。

2014-09-07 16:21:52

コメント(0)

外宮の早朝参拝の帰りに朝粥

9月1日についたち参りで早朝参拝して来ました。
外宮に7時20分着。
外宮の森は深閑として、清々しい空気に包まれていました。
ゆっくりお参りした後、外宮正面前のバス停を右に見て、伊勢せきやに行きました。
そして、朝粥の暖簾がかかっている、あそらの茶屋に入りました。
入ってすぐ、階段を上ると席に案内されました。

 
伊勢せきやの1Fはまだ閉まっている。2Fは電気がついて開いているとわかる。


伊勢せきやの前には、朝粥の暖簾が。

階段の途中。初穂のお供え。

2Fは明るく、1Fが少し覗ける。

ぐるりと窓があり、開放的。外宮参道が見える。

2Fのフロアーの一角。落ち着いた雰囲気。

朝粥のメニュー。

熱々のお粥と副菜がこまごまと幾種類もついている。

伊勢せきやさんのお店のまえには、こんな可愛い像があります。

決してご馳走ではないけれど、質素過ぎるほどでもない。
それがまた、お参りしてきた清々しさと同調して清々しく感じられました。


2014-09-04 15:59:23

コメント(0)

ついたち参り9月1日0901



久しぶりに伊勢神宮外宮に朔日(ついたち)参りに行きました。
早朝参拝で…とも思ったのですが、無理をせず、朝7時に家を出ました。
少し雨がパラパラと降っていましたが、外宮にお参りする時は傘はいらない状態でした。


外宮参道(げくうさんどう)をまっすぐ進むと、正面に大きな常夜灯が見えます。
それが外宮です。内宮行きのバス乗り場もすぐ近くにあります。

正面の手洗い場です。水面に木々が映り込んで美しい。


せんぐう館入り口。勾玉池も見えます。


一の鳥居です。白木の鳥居に榊が映えます。


深い森の中を進みます。何か空気まで違うような感じです。


ご遷宮される前のお社の解体が始まっていました。
20年前のお社は、丁寧に解体され、日本全国の神社でまた使われます。
リユースが1200年以上も続けられているのです。

新しい正宮です。まだほのかに木の香がします。
7時半くらいの時間でしたが、次々と人々が訪れます。
正宮横の塀にも榊が並んでいます。

月初めのお参りを終えると、さわやかな風が心地よく吹いていました。
何にも変えがたい平穏な気持ちで一杯でした。

2014-09-01 15:28:39

コメント(0)   |  トラックバック (0)

秋の行事といえば…伊勢二見の夫婦岩で…08/29

二見の夫婦岩は高さ9mの男岩と4mの女岩が大注連縄(おおしめなわ)で固く結ばれています。
そのため開運や良縁、縁結びで有名なのは、皆さんご存知のとおりです。
夫婦岩の沖合いには、猿田彦大神の霊石が海中深く鎮まっていて、
夫婦岩が鳥居の役割を果たしているそうです。
毎年ですが、5月9月12月に、夫婦岩の大注連縄(おおしめなわ)が張り替えられます。
大注連縄は、太さ10cm、長さ35m重さは40kgでそれが5本束ねられています。
平成26年は、9月5日(金)に神職や氏子によって大注連縄張替え行事が行われます。
地元の氏子らによる二見太鼓や勇壮な木遣り唄(きやりうた)が響き渡る中、
参拝者や崇敬者は、参道から手送りで大注連縄を送り、張替えに参加することが出来ます。
実際に参加できる、めったにない機会です。
なお、この大注連縄奉献の意味は、一切に不浄を祓って興玉神石と日の大神遥拝の鳥居に献ずる古い習わしだそうです。

二見 夫婦岩です


興玉神社(おきたまじんじゃ)周辺の旅館街の中、海岸沿いにある賓日館(ひんじつかん)。
明治20年に建てられ賓客をもてなした伝統的建築物。国指定重要文化財。
能舞台のある120畳の大広間には豪華なシャンデリアがあり、和洋折衷の時代が感じられます。(入場300円・P無料)

2014-08-27 15:04:10

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5